Summer Minna Atsumare Party


Summer Minna Atsumare Party
SMAP
発売日:2003-12-24
おすすめ度 ★★★★★
売り上げランキング:2227

>>もっと詳しく見る
Disc:1
1 Opening / Theme of 007 (James Bond Theme)
2 Overture / Streetbeats
3 たぶんオーライ
4 しようよ
5 君と僕の6ヶ月
6 Theme of 007 (James Bond Theme)
7 KANSHAして
8 人知れずバトル
9 Streetbeats Part II - 働く人々
10 ルーズなMorning
11 Micky Mouse - KANSHAして
12 Alone in the Rain
13 雨がやまない
14 Scarface Groove
15 A Day in the Life
16 Lets go to 週末ヘヴン
17 Let It All Go
18 過去の人
19 失くしたり見つけたりのEvery Day
20 がんばりましょう
21 どんないいこと
22 感じやすい不機嫌
23 Carnival
24 はじめてのチュウ
25 勝手にシンドバッド
26 正義の味方はあてにならない
27 君に夢中 - FUNNY GIRL -
28 君を微笑みにかえて
29 オリジナル スマイル
30 悲しくて眠れない
31 翼をください
32 Waiting Waiting Waiting
33 いますぐ天気にしておくれ
34 Run! Run! Run!
35 それでも君を好きになる
36 君がいない
37 Dont Cry Baby
38 Ending / Blue Christmas


★★★★★ 2006-10-18 ダンスがイイ感じ♪
今もステキなSMAPだけど、また違った魅力を感じました。振りやダンスも今のとはちょっと違ったテイストで、何回も観たくなる内容です。

木村くんの「はじめてのチュウ」がカワイイ(>_<)

森くんがいた6人のSMAPも、また雰囲気が違ってよかったなぁって思いました。

★★★★★ 2005-05-28 最高にかわいい
このDVDは私が今まで見たSMAPのDVDのなかで一番好きです。みんな(もちろん吾郎ちゃんも)ダンスが上手くてかっこいい!!
私は剛君ファンなんですが今のライブではいつも笑顔で優しいイメージ全開の剛君ですがこの時は常に真剣な顔でクールでかっこいいイメージです。またそんなクールな顔から時々ニコッと笑顔を見せると今の笑顔とは少し違う感じでかわいくて癒されます。
また剛君はソロでサザンの「勝手にシンドバット」を歌っています。曲中には横に寝ているジュニアの上を側中で飛び越えるアクロバットを披露しています。
また6人のSMAPのライブという点でもおもしろいです。

★★★★★ 2004-06-19 やめられません。DVDの購入(^^♪
1995年のライブですから、かなり前ですね。ダンスがすごい。パワフルでそれだけで楽しめる。
中居君ファンの私にとって、切ないバラードソロには釘付け。(*^_^*)
もちろん全員ソロありです。あとは「翼をください」感動してしまいました。
ノリノリになったり、切なくなったり、感動したり…

現在の工夫されたライブも最高ですが、狭い会場での温かいライブも最高です。これを観たらまた昔のライブDVDを購入してしまいます。

★★★★★ 2004-02-01 1995年のSMAPとは?
1995年ですね、今の彼らにはあり得ない狭いステージでのライブ。最近数年のライブとは違う味です。
最近のライブのようにステージのスケールに圧倒されずに、素直に楽しめるビデオではないかと思います。
若い彼らの魅力もだっぷりです。皆、美少年のイメージです。

あの日の彼らがいたこそ今の国民的なアイドルSMAPがいるのでしょう。

ファンの方々は見逃してはならないでしょう

★★★★★ 2003-11-14 狭い会場ならではのステージ
基本として収録されている会場が、大宮ソニックシティという、今ではあり得ないキャパシティの会場なので、このDVDでは広い会場とは一味違う、ライブが見られるかと思います。
また、所々で沖縄でのSMAPの野外会場の映像も挿入されています。沖縄映像は、画面からも夏のライブの熱さが伝わってきます。

木村ソロの「はじめてのチュウ」は有名かと思いますが、他のメンバーのソロも個性が溢れています。
中居ソロのアルバム「003」に収録されている「悲しくて眠れない」で、実話を元にしたバラードで、中居ソロの中では名曲の一つです。
吾郎ソロは、カーディガンスの「Carnival」で、ギター1本の弾き語りは、吾郎ワールド全開という感じです。

剛ソロは、サザンの「勝手にシンドバッド」で、剛十八番の、アクロバッドも披露しています。
慎吾&森の「Let it All Go」では、森がDJに挑戦していて、慎吾は上半身裸で舞い踊っています。歌詞にも注目です。

またこの公演は、2人や3人だけで歌う曲も多かったり、6人だったからこその、ダンスのフォーメーション等、未見の方にはいろいろと新鮮な場面もあるかと思います。
アルバム「007」や「どんないいこと」等、曲調にも大人っぽさが増した感のあるライブです。

個人的ですが、このライブで一番お薦めしたいのは「翼をください」です。一見の価値ありです。

>>もっと詳しく見る

[オススメリンク] パソコン|nec|value|star


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。